株式会社ユニックス お問い合わせ
e-mail:info@unix-net.co.jp
Tel:044(722)6821 / Fax:044(711)0879
トップ 業務案内 会社概要 企業リンク お問い合わせ
 
 データ入力
 個人情報保護への対応
 
 
個人情報保護への対応
 
個人情報漏洩の対策はいかがなされていますか。

個人情報漏洩の70〜80%は社内や出向社員からの漏洩で、20〜30%が外部に入力委託したものから漏洩と統計では出ています。
弊社のご提案は、少なくとも弊社にご依頼されたデータ入力からの漏洩は絶対ありません。
 
 データの分割処理
データは盗難にあわない努力する事よりも、データ情報の価値をなくし盗難されても「誰も見向きもしないようにする事」が一番です。
お客様    元データを分割してイメージスキャニング



元データを分割データA、分割データBと分割することにより、そのデータの価値を一旦なくします。

これにより、万が一、第三者の手に情報が渡ったとしても、この情報に価値を見出すことは出来ません。
   
 
    イメージデータ(分割データ)を弊社に電送
   
 
弊社    イメージデータ(分割データ)をデジタル化

弊社の入力オペレーターがエントリーとベリファイ(検査入力)を行い、分割データAとBを各々別個にデジタル化します。
   
 
    デジタルデータ(分割データ)を貴社に電送
   
 
お客様    分割データを貴社内で結合

弊社で入力を行った分割デジタルデータAとBを貴社で結合します。

 
 イメージデータを分割することはよく聞きますが?
他社でやっているものは殆どが、入力効率を上げるためのもので、例えば名前のみ、電話番号のみと見かけのイメージのみ出てきますが、おおもとは1枚の書類です。
セキュリティは、かけてあると言いますが、セキュリティの外し方が解ってしまえばそのまま情報漏洩につながってしまう恐れがあります。
 
 イメージデータを電子ファイリング

書類はバインダにファイリングして、キャビネットなどに保管がほとんどです。 また大量にある場合、書庫などに保存しますが、イメージ化したデータで あれば、容易に電子ファイリングする事が出来ます。
電子ファイリングであれば閲覧が簡単であり、紙などのように劣化する ことや紛失もありえません。保管スペースに余分な費用がかかる事もありません。

ページトップへ